急性虫垂炎

単孔式腹腔鏡下虫垂切除術

当院では急性虫垂炎には原則的に単孔式腹腔鏡下虫垂切除術を行っています。
急性虫垂炎 内視鏡外科手術お臍に約2cmの切開を行いそこからSILSポートというトロッカーを入れて手術を行います。手術後はお臍に傷が隠れてほぼわかりません。
急性虫垂炎 内視鏡外科手術

腹腔鏡下虫垂切除術

膿の溜まったひどい虫垂炎には、お臍の下に1cmと5mm×2の計3個の穴を開けて虫垂を取り出す手術を行います。開腹虫垂切除術ではお腹の中全体の観察や処置はできませんが腹腔鏡下手術なら十分な観察や洗浄が可能となります。従って、この腹腔鏡下虫垂切除術は穴の開いたようなひどい虫垂炎,膿の貯まった虫垂炎(回盲部膿瘍)には特に有用です。

膿が溜まって団子状態になったひどい虫垂炎

膿が溜まって団子状態になったひどい虫垂炎

急性虫垂炎は原則的に腹腔鏡下手術で手術可能です。
虫垂と回盲部を同時に切除しないといけないようなひどい膿瘍を伴う虫垂炎も、腹腔鏡下回盲部切除術を行うことのできる術者であれば開腹移行は無いと考えています。
急性虫垂炎 内視鏡外科手術

内視鏡外科手術のページ